Heilen Blog ヘイレン ブログ

Heilen からのお知らせやオススメ、日々の出来事をつづっていきます。

タバコと血流の関係

最近は、タバコを吸うのも大変ですよね。

私は吸いませんが、友人に喫煙者が多いので、ちょっとお茶するにもタバコ吸える所を探すのは一苦労。
そして、お値段も高い。『ちょっと1本ちょうだい』なんて気軽に言えない感じですよね。
さて、何故タバコは体に悪いと言われるのか。

それは、『血管収縮作用』があるからです。

もちろん、他にもニコチンとか色々あるとは思いますが、血流で考えると、血管収縮作用は、血流が悪くなるって事ですよね。
私がよく言う 『タバコ吸いの顔』っていうのがあります。
あ、この人吸ってるってすぐわかる顔色があるんです。
簡単に言うと、顔色がグレーががる。

人の顔色は、血流が悪くなると、すぐくすむ。
しかし、くすむと美白の美容液なんかをつけたり、顔にフォトやレーザー当てたりする人が多い。

『元々、色黒で。。』

『日焼けしてるから。。』
↑これ、よく聞きます!

しかし、ちがーう!!

血流の悪さが顔色に出ているだけなので、高い美容液をつけても、高いお金をかけて、レーザーを当てても、何の意味もない。
『これ、効かない。』ってなります。

たいていの方は、お顔やってあげたり、頭やってあげたりすると、顔色がよくなります。
それは、血流が良くなり、新鮮な血液が流れる事で、透明感が出たから。

とても簡単な事です。
しかし、血流を良くしても、タバコを吸う方の特徴で、その血流を打ち消すと行為があります。

せっかく、お風呂に入って、血流良くしたのに、その直後にタバコを吸う。
せっかくエステに行って、血流良くしたのに、その直後にタバコを吸う。
せっかくジムに行って、血流良くしたのに、その直後にタバコを吸う。
などなど。
歯周病の方にも多い。せっかく歯ブラシして、歯ぐきもマッサージしたのに、その直後にタバコを吸う。
全部、血流を打ち消す行為。

なので、私は、患者さんやお客様に

『タバコ止めろとは言いません。でも、せっかくの血流を打ち消す時には吸わないで!』とお願いしてます。
血管収縮すれば、血流が悪くなり、それがまた頭痛、肩こり、薄毛にも当然つながります。

血圧も高くなっちゃうしね。
なので、止めろとは言いません。

直後は止めてみよう!
これだけでも違うと思います!

カテゴリー: スタッフ記事   パーマリンク

コメントは受け付けていません。